ロボトミー   


突然思い出したこの言葉。
一体なんでしょうか…。




ロボトミー(WIKIより抜粋)011.gif
------------------------------------
1935年、ジョン・フルトンとカーライル・ヤコブセンがチンパンジーにおいて前頭葉切断を行ったところ性格が穏やかになったと報告したのを受け、同年ポルトガルの神経科医エガス・モニスが、リスボン大学で外科医のアルメイダ・リマと組んで、初めてヒトにおいて前頭葉切裁術(前頭葉を脳のその他の部分から切り離す手術)を行った。

その後、1936年9月14日ワシントンDCのジェームズ・ワシントン大学でもウォルター・フリーマン博士の手によって米国で初めてロボトミー手術が激越性うつ病患者(63歳の女性)におこなわれた。世界各地で追試され、そのうちには成功例も含まれたが、特にうつ病の患者の6%は手術から生還することはなかった。また生還したとしても、しばしばてんかん発作、人格変化、無気力、抑制の欠如、衝動性などの重大かつ不可逆的な副作用が起こっていた。

しかし、アメリカのW.フリーマンとJ.W.ワッツにより術式が“発展”されたこともあり、難治性の精神疾患患者に対して熱心に施術された。1949年にはモニスにノーベル生理学・医学賞が与えられ、1952年には教皇ピオ12世も容認発言をしたほどであった。しかしその後抗精神病薬が発明されたことと、ロボトミーの副作用の大きさとあいまって行われなくなった。また、エガス・モニスもロボトミー手術を行った患者に銃撃され重傷を負った。現在は精神疾患に対してロボトミーを行うことは禁止されている。
------------------------------------


要するに脳手術(゚ω゚)
しかも科学的にも、社会的にもかなりグレーということで
現在は禁止されているそうです…。

脳をいぢくるとわ…おそろしや>w<


でも仮に脳科学が進んで、ロボトミーなどの
脳治療の技術がすすんだとしたら人類はどうなるのだろう…。

人間の脳は、全体の数%しか使われていないといいますが、
100%活動させるなんてことも可能になるかもしれない。

そうすると人間はどうなるのだろう。
もしかすると常人の数倍の速度で走る事ができたり
コンピューター以上の計算能力を身につけることだって出来るかもしれない。

しまいには脳移植まで出来ちゃうかもしれない。
(脳だけ入れ替えて、別の体になっちゃうとか・・・?)



近い未来では不可能でしょうが、
このまま人類の技術が進歩し続ければ、そんな日もくるのかもしれない。
[PR]

by spdjmo2 | 2009-06-06 23:30 | ボキャブラリ~

<< レッツクッキン! ぷちOFF会決行!! >>