重力皿について考える   

今更ながら考えてみる。



まずは基本能力のおさらい。

FEZ Wikiより

 【前提条件】
 ライトニングスピアLv3 + フリージングウェイブLv3 を習得

 【使用条件】
 詠唱状態 + 魔導具の装備

 【効果】
 ダメージと重力効果を与える効果ゾーンを設置する。

 【Lv3時のスペック】
 攻撃力・・・70 消費Pow・・・64
 効果時間(秒)・・・7.5 移動力低下(%)・・・50

<抜粋以上>


ここからが考察だが、まず基本的に重力皿は少ない。
その理由として使い難さとスコアが伸びないことがあげられるが
今回はスコアは考えず、如何に貢献できるかといった点で考えてみる。

★スキルの特徴
数少ない設置系スキルということが大きな特徴だろう。
FEZにおける設置系スキルは他に「ポイズンブロウ(毒)」「ホワイトブロウ(視界低下)」があるが
プレイヤーの基礎能力が低下する設置系スキルといった意味では唯一無二。
故に状況次第ではかなりの効果が見込めると考える。

 ●活躍シーン
  ①敵が後退中且つ、後方にジャンプを行わないと通過できない高低差がある場合
   →スキルを展開することで退路を消し、敵の生存率を下げる
   →上り坂の場合は敵の後退ステップを使用不可とすることで、敵の生存率を下げる

  ②隘路(あいろ) ※MAPが他の場所に比べ狭くなっている場所
   →状況を問わず、隘路で展開することで戦闘が有利になる
   →建築物が密集している場所も隘路といえる。
    味方ATが密集している場所に設置すればさらに効果はあるだろう。

  ③誘導(分断)
   →敵前衛・後衛が離れている場合の分断(敵の連携を悪くする)
   →味方後衛陣に展開することで敵ハイドの潜入を牽制
   →劣勢時、味方オベ方向へ分岐する道がある場合、そちら側へ展開することで
    敵が流れる数を減らすなど。

  ④バッシュ発生地点に展開
   →敵ヲリの追撃後の生存率を下げる

  ⑤敵氷像地点に展開
   →氷を割らない仕様のため、敵の生存率を下げる


 ●活躍できない時
  →上記記載の通り、活躍のシーンは限られている。
  また消費Pwが64ということもあり、闇雲に利用し、肝心な時に
  Pwがないのではお話にならない。理想は常時ハイパワポだが、
  活躍が見込めない場合は、ジャベLv3 or サンボルLv3 で支援に徹するのが
  得策と考える。

  また、僻地での活躍は厳しいと思われる。。。


疲れたので今日はここまで。


以下広告

[PR]

by spdjmo2 | 2014-04-16 21:46 | FEZ

<< FEZをやり込もう!! お気に入りリンク更新(将棋) >>